Music Events October 7

MUSIC 07sat

October 7

  1. タイムテーブル
  2. 出演者紹介

10月7日(土)

14時半頃〜

アンジェロ・アクィリーニ|Angelo Aquilini
ドナルド・ギブソン|Donald Gibson

 
アンジェロ・アクィリーニ、ドナルド・ギブソン

16時半頃〜

ママドゥ・ドゥンビア|Mamadou Doumbia

19時頃〜

森村献&ジミー・ボッシュ・スペシャル・ユニット feat. エリック・フクサキ
Ken Morimura & Jimmy Bosch Special Unit feat.Eric Fukusaki

  
森村献、ジミー・ボッシュ、エリック・フクサキ

アンジェロ・アクィリーニ|Angelo Aquilini
アコーディオン奏者。 Accordion Player

イタリア、ピエモンテ州出身。10歳より民族音楽を中心にアコーディオンのレッスンを始める。レッスン開始から6ケ月でホール、地方テレビ局へ出演し始める。
16歳で国際フェスティバル3位受賞。1986年第3回国際コンクールにて優勝。その後、数々のコンクールにて優勝及び上位入賞を果たす。 その後3つの市立音楽学校にて1987年より2005年まで講師を務め、その内1996年より2004年まで教育管理の任務を行う。
2001年より毎年来日して、日本各地で演奏を行い、2005年より愛知県在住。2009年よりアコーディオン専門店「monte accordion」、カンツォーネ教室「フチモトミュージックスクール」にて講師を務める。
アコーディオン奏者coba氏がプロデュースするアコーディオンの祭典「Bellows Lovers Night」に2009年より7回出演。
2014年秋より放映されたNHKの朝の連続テレビ小説「マッサン」の第1話において、アコーディオン奏者として出演すると共にレコーディングを行った。
2017年4月より名古屋芸術大学の非常勤講師に就任。

ドナルド・ギブソン|Donald Gibson
トロンボーン奏者、 作曲家、編曲家、音楽プロデューサー
Trombone Player

1993年、カリフォルニア州ノースリッジ大学音楽科卒。1995年に来日。
日本では、角田健一ビッグバンド、CUGジャズオーケストラ、日野照正、ケイコ・リー、寺井尚子、八神純子等、多数のミュージシャンと共演。
2015年、Takako Ines AsahinaのNeo Classic Concert(大阪シンフォニーホール)にゲスト出演。
現在、セントラル・ジャズオーケストラ (CJO)、Trombone Nation(トロンボーンとリズムアンサンブル)のリーダーとして、全国各地で音楽活動を行っている。


ママドゥ・ドゥンビア|Mamadou Doumbia

コラ奏者、ギター奏者 Kora, Guitar Player

マリ共和国出身。学生時代からバンド活動を始め、1982年、マリの国営バンドであるレール・バンドのリード・ギタリストとして抜擢されると、同バンドのリード・シンガーであるサリフ・ケイタと意気投合。1984年にサリフ・ケイタがパリに拠点を移すと、その2年後の1986年に渡仏。サリフ・ケイタを始め、さまざまなミュージシャンのバックバンドを精力的に務める。1990年にサリフ・ケイタのバックバンドの一員として初来日。翌1991年から日本に拠点に移す。1993年に自らのバンドであるマンディンカを結成。翌1994年からアフリカの民族楽器コラを独学で習得し、それをバンドサウンドのひとつとして取り入れている。マンディンカを始めとして、さまざまなバンド・ユニットの一員として数々のライブを行う一方で、番組に出演したり、コラを片手に講演活動をするなど、多方面で活動している。

メンバー
Mamadou Doumbia ママドゥ・ドゥンビア:Kora,Guitar
Ndiasse Niang ンジャセ・ニャン:Jembe,Talking drum,Dundun
Paco Dabo パコ・ダボ:Jembe,Talking drum,Dundun


森村献&ジミー・ボッシュ・スペシャル・ユニット feat. エリック・フクサキ

Ken Morimura & Jimmy Bosch Special Unit feat.Eric Fukusaki

森村 献|Ken Morimura
1954年5月22日 東京出身。1974年、かまやつひろしバンドのキーボード奏者としてプロ活動を始める。1979年、日本初のサルサ・グループ「オルケスタ・デルソル」に参加し、その30年以上のキャリアを経て、日本のラテン音楽界にはなくてはならない存在となる。アレンジャー、コンポーザーとしてもポピュラーやフュージョン・ミュージックの分野でも活躍する。現在までにソロアルバム6枚をリリース。2003年発表の "MILAGRO" では、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブのピアニスト、ルベン・ゴンサーレスと共演している。99年には日本のサルサミュージシャンのオールスターズを結成し、中南米5ヶ国をツアー。各国で絶賛を浴びる。また、98年よりラテンジャズ・ビッグバンド「熱帯ジャズ楽団」に参加。毎年楽曲を提供し、編曲も行っている。

ジミー・ボッシュ|Jimmy Bosch
アメリカ合衆国のニュー・ジャージーで、プエルトリコ系の家庭に生まれる。13歳から地元のラテン音楽のバンドで演奏をはじめ、20歳頃には“サルサ”のレジェンドの1人マニー・オケンドと出会い、彼のバンドに参加。その後、これまでのキャリアのなかで、レイ・バレット、エディ・パルミエリ、ルベン・ブラデス、カチャーオ、セリア・クルース、ファニア・オールスターズといった、サルサの巨人達とトロンボーンのソロ奏者として共演。1996年には、自身のバンドを結成しこれまでに4枚のアルバムを発表。サルサ歌手、サルサ・ダンサーとしても活躍している。

エリック・フクサキ|Eric Fukusaki
ペルー出身日系3世、26歳。両親の影響で幼い頃から演歌、歌謡曲を聴いて育つ。
17歳の時に南米の4大カラオケ大会で優勝を果たす。翌年演歌歌手になることを志し単身来日。
2012年、オーディション合格を経てユニット「アルマカミニイト」でデビュー。
2014年、エリック・フクサキ名義でソロ活動を開始。
現在は毎月開催するラテン・スタンダードライブを中心に、楽曲提供、InterFM897でのラジオパーソナリティを務めるなど幅広く活動中。
世界中で多くの人に愛され、歌い継がれるラテン・スタンダードの数々を収録した初のラテンカバーアルバム「ある恋の物語」を8月23日に発売。

メンバー
森村献(pf)、Jimmy Bosch(tb)、佐野聡(tb)、相川等(tb)、渋谷和利(bass)、都筑章浩(conga)、伊波淑(timbales) ゲストボーカル Eric Fukusaki(vo)

PAGE TOP